MENU

女性の薄毛・抜け毛の症状と原因

女性の薄毛・抜け毛の症状と原因には次のような特徴があります。

女性の薄毛・抜け毛の症状

女性の薄毛や抜け毛の症状は、男性の薄毛・抜け毛が部分的に脱毛するのに対して、髪全体が薄くなっていくことがほとんどです。年齢的には、早ければ20代、30代で始まることもありますが、ほとんどは中年期以降、50代以降、閉経を迎えることから目立ち始めます。脱毛の進行は緩やかで、男性のように完全に脱毛することはありません。最近では、若者の薄毛も増えています。

 

原因はホルモンバランスの影響が大きい

中高年期以降の薄毛・抜け毛の原因の多くは、加齢によるホルモンバランスの影響です。女性が薄毛や抜け毛を起こす原因は、女性ホルモンの減少が理由となることが多いです。通常、女性ホルモンは20代でピークを迎え、閉経に向けて徐々に減少していきます。閉経を迎える50歳前後には、かなり低いレベルまで減少します。女性ホルモンのエストロゲンは頭皮のターンオーバーを促進し、育毛を促進する働きがあるので、これが減少することで薄毛や抜け毛が進行します。中高年で髪のボリュームがなくなったと感じるのはこのためです。また出産後にも、女性ホルモンが減少すると同じような症状が一時的に起きることがあります。

 

過度なダイエットも薄毛や抜け毛を招く

最近、女性のなかで、過度なダイエットをしている方が増えています。短期間で体重が激減したという方もたくさん見かけます。実は、このような短期間の体重の減少は髪にも大きな影響があります。ほとんどの方は、ダイエット中は摂取カロリーを減らすことに集中して、必要な栄養素を摂ることを忘れがちです。このような栄養不足の状態が長期的に続くことで、髪の成長に必要な栄養が頭皮に行き渡らなくなります。その結果、髪が細く弱くなり抜け毛が起こります。また、新しい髪が生え変わるのに必要な栄養が不足しているので、新しい髪も生えてきません。しかし、ダイエットをされている方の多くは、ダイエットをやめて通常の生活に戻ったのに髪の薄毛は治らないという方が多いです。長期間栄養不足が続くことで、女性ホルモンも減少し、髪の成長に必要な頭皮の状態も悪くなります。

 

間違ったシャンプーも原因になる

若い女性のなかには、薄毛や抜け毛の原因となることに気がつかずに間違えたシャンプーを行っている人がいます。頻繁すぎるシャンプーや冷水、熱湯のシャンプーなどもその一つです。またシャンプーの種類も重要です。洗浄力の強い高級アルコール系のシャンプーは頭皮に刺激が強い界面活性剤が含まれています。このようなシャンプーで日常的にシャンプーを繰り返していることも薄毛や抜け毛の原因となります。

 

多かれ少なかれある程度くらいの抜け毛の数ならば必要以上悩みこむことなどありません。抜け毛の状態に異常なほど敏感になり過ぎても、かえって重圧になります。実際AGA治療を実現する為の専門施設選びの際大事な内容は、どこの科であってもAGAに対して専門に診療を行う体制の様子、加えて治療内容が充分に整っているかどうかをしっかり目を凝らすということだと思われます。

 

近年多くの育毛・発毛クリニックにて、最新レーザーによる抜け毛治療も提供されるようになっているとのことです。頭皮にレーザーを照らすことにより、頭部の血液の循環を滑らかに巡らすとした効き目がございます。遺伝は関係なく人により男性ホルモンが異常に分泌してしまったりという風なカラダの中身のホルモン状態の変化が影響しハゲになってしまう際もあったりします。一般的に薄毛治療は毛周期の毛母細胞の分裂回数に一定以上残りがある時にしはじめ、また毛母細胞の残った分裂回数の生え変わるサイクルを、徐々に早く通常に戻すということが最大に大事と言えるでしょう。

髪の毛全体を健康な状態に整えるため、育毛への働きかけに、地肌への不適切なマッサージをすることはストップするように気をつけるべし。何でも過剰行為は過ぎたるは及ばざるがごとしでありますね。実際一日間で繰り返し度が過ぎた数、髪を洗ったり、同時に地肌の表面を傷つけることになるほど指先に力を込めて洗髪を行うのは、抜け毛の数量が増える要因になります。日々の不健全な生活によりお肌がくすんだりブツブツができてしまうように、やっぱり不規則な食生活・生活スタイルを送っていると髪の毛以外にもからだ全体の健康維持についてかなりダメージを与え、残念なことにAGAが発症することが避けられなくなってしまいます。

 

育毛したいと望んでいる方は頭皮のツボを押さえるマッサージをすることも有効な方策の1つと言えるでしょう。特に百会、風池、天柱の3つの部分のツボを日常的に刺激を与えることにより血行が高まり、髪の毛の薄毛、抜け毛を阻止することが出来ると考えられています。将来的に抜け毛を止めて、健やかな髪質を育てる為には、毛母細胞組織の細胞分裂をなるたけ盛んにした方がより良いというのは、いうまでもない事柄です。

 

一般的に洗髪をやりすぎると、地肌をカバーしている皮脂を取り除いてしまい、ハゲ上がるのをさらに進めさせてしまうことになりやすいです。ドライスキンの場合であれば、シャンプーの回数は1週間の間で約2、3回でもいいものです。髪の毛というパーツは、頭頂部、要するにNO.1に他人から見えてしまう部分にありますから、抜け毛や薄毛が意識している人においては避けられない大きな人泣かせのタネです。

 

実際頭の皮膚の汚れは毛穴全体を塞ぐことになりますし、頭部全体を不衛生にしていると、細菌の巣窟場所を本人が提供して誘い込んでいるようなものであります。これは抜け毛を増やすことになる原因のひとつであります。病院ごとの対応に差異が生まれるのは、医療機関において薄毛治療が実施されだしたのが、最近でそんなに間が無いことなため歴史があさく、病院の皮膚科であっても薄毛治療の分野に経験があるところがあまりないからです。実際に相談するなら、薄毛治療に大変詳しい専門の病院で、専門の皮膚科医が診てくれるといった施設にお願いした方が、診療実績も豊富のはずでしょうし憂いがないでしょう。