MENU

女性の薄毛・抜け毛のタイプ

女性の脱毛症には、次のようなタイプがあります。

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症は、出産後、女性ホルモンバランスの乱れが原因で起こる薄毛のタイプです。妊娠中に急に増えた女性ホルモンが出産を機に激減することで起こります。女性ホルモンのエストロゲンには、髪のターンオーバーを促し、育毛を促進する役目があります。妊娠中は胎児の成長に女性ホルモンが必要なので活発に分泌されますが、出産後はその必要がなくなると分泌が一気に少なくなり、髪の成長に必要なエストロゲンが激減します。その結果、出産後に脱毛が進むことがあります。症状は一時的なものなので1年程度で自然に回復していくことがほとんどです。

 

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、加齢、ストレス、ダイエットなどさまざまな原因で起こる薄毛のタイプです。特に中高年の女性に多いのが加齢による女性ホルモンの減少による薄毛です。このようなタイプの方は、女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれます。男性の男性型脱毛症(AGA)に対して、女性男性型脱毛症(FAGA)は、特定部分ではなく髪全体が薄くなるのが特徴です。女性の場合は、それ以外にも多様な要因の影響を受けやすく、ストレス、過度なダイエット、間違ったヘアケア、パーマ、カラーなど影響なども原因となります。びまん性脱毛症は、急激に薄毛が進むことはなく、完全に脱毛してしまうことはありません。加齢とともに徐々にボリュームがなくなり、髪のコシやハリがなくなっていきます。そのため気がつくと髪が老化して薄毛になっていることが多いです。

 

牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)

牽引性脱毛症は、髪を一定方向に強く引っ張る力が常に加わった状態でいることが起こす薄毛です。例えば、ポニーテールなどがその一例ですが、同じ髪型を長くしていると脱毛が進むことがあります。

 

脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)

脂漏性脱毛症は、皮脂の過剰な分泌で起こる脱毛症です。皮脂分泌が増えると、皮脂で毛穴詰まりが起こり、その結果、抜け毛に繋がります。詰まった毛穴から新しい髪の毛が生えにくくなることも育毛が進まない原因となります。脂漏性脱毛症は、食生活の乱れや間違えたヘアケアなどで皮脂が過剰に分泌されることで起こります。

 

粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)

粃糠性脱毛症は、頭皮のフケが原因で起こる薄毛のタイプです。頭皮にフケが増えると、頭皮の衛生環境が不衛生になり、頭皮の雑菌が繁殖して炎症を起こします。その結果、頭皮のトラブルが起こり、抜け毛に繋がります。

 

円形脱毛症

円形脱毛症は、免疫不全やストレスなどが原因で頭皮に円形の脱毛部位ができるタイプの薄毛です。突然髪が抜け落ち、10円玉ぐらいの脱毛斑ができます。ほとんどは一過性の単発型といわれるもので自然に治癒していきますが、悪化すると多発型になり再発する場合もあります。できる部位も頭皮に複数できることもあります。

 

 

髪の毛の生え際から後退が進行していくケース、頭のてっぺん部より薄毛が進んでいくというケース、これらがミックスしたケースなど、人により様々な脱毛の進み具合のケースが見られるのがAGAの特徴的な点です。「頭を洗ったらすごく沢山の抜け毛が落ちてしまう」さらに「ブラッシングをした時に驚いてしまうほど抜けた」その時点からすぐに抜け毛の対処をしないと、年を重ねてから禿になってしまうことがよくあります。普通毛髪というのは、体のトップ、すなわちイチバン目立つといえる所にございますため、例えば抜け毛や薄毛が意識している人に対してはとても大きな苦労のたねです。

一般的にAGAにおいては大概結構、薄毛になったとしても、薄っすらうぶ毛は残ったままです。毛包がちゃんとある限り、毛髪は太く、長く発育することがあります。絶対に諦めることのないように。前向きに考えましょう!基本どの育毛シャンプーに関しても、髪の毛が生え変わってくる周期を視野に入れ、適度に続けて使用することで効き目が実感できるはず。というわけでなかなか効果が現れないからと断念せずに気長にかまえ、差し当たり1〜2ヶ月ほど続けて使用してみましょう。

 

個人ごとの薄毛の原因に合うような、頭の脱毛を予防し健やかに発毛を促す薬関係がいくつも出されています。このような育毛剤を効果的に使うことにより、日々健康なヘアサイクルを保つように注意しましょう。通気性があまり良くないキャップやハットだと熱気がキャップの内部に蓄積して、雑菌などが大きく繁殖するようなことが起こりやすいです。そんなことが起きてしまったら抜け毛対策を行う上では悪化の原因となります。今の段階で薄毛がそれほどまで進んでおらず、何年もかけて発毛を行っていこうとお考えの方は、プロペシアであったりミノキシジル等の服用する治療の対応でも影響は生じないでしょう。現代においてストレスを無くすのは結構困難なことといえますが、できることならストレス・プレッシャーが蓄積しないような活動を維持することが、はげの進行を止めるために大変重要であります。事実薄毛および抜け毛が起きてしまう要素は色々ございます。大雑把に分けると、まず男性ホルモン、遺伝、不規則な生活習慣・食習慣、重圧・心的ストレス、加えて地肌環境の不備、髪の毛の病気・疾患が影響しているといえるでしょう。

 

抜け毛の本数が多い頭部の皮膚は男性ホルモンの影響により、脂が大分多くて毛穴づまり、炎症、かゆみ、腫れなどを起こしてしまうケースがありえます。可能であれば抗炎症作用や抗菌作用を含んでいる上質な育毛剤を購入することを推奨します。

 

昨今はAGA(androgenetic alopeciaを省略したもの)という業界用語を雑誌やCM広告などでよく目にすることが多くなってきましたが、有名度合いは全然高いとは断言できないみたいです。洗髪の回数が多いと、本来地肌を守ってくれている皮脂を多く取りすぎて、ハゲの範囲を広げてしまうことになりやすいです。ただ乾燥肌の方であれば、シャンプーをする回数は週間で2〜3回であっても影響ありません。血の流れが悪いと頭の皮膚の温度は低下し、必須栄養素もしっかり送ることが不可能です。ですので血行を促進させる作用があるような育毛剤を使うことが薄毛の改善策として役立つでしょう。一般的に一日度々一定を超える回数のシャンプーや、また繊細な地肌を傷つけてしまうぐらいに引っかいて洗髪を行うことは、事実抜け毛を増やしてしまうことにつながります。